お古になった子供の物…みんなどうしてる?!

お古になった子供の物…みんなどうしてる?!

・思い入れがありすぎて手放すのが苦痛
・コツSTEP1…すごく仲の良い友人に譲る
・コツSTEP2…最初から1シーズンしか着れなさそうなものを買う
・コツSTEP3…次の妊娠&出産に期待
・コツSTEP4…敢えて「宝物」認定→数年後に手放す
・収納スペースは増やせない…最後の駆け込み寺は実家だ!

・思い入れがありすぎて手放すのが苦痛

子供の成長は早いもの。我が家の息子(3歳)も、半年前まで余裕を持ってきてた服がピチピチ…なんてことは
ザラにあります。
少しずつ大きくなるというより、ある時期に一気にぐぅ~ん‼と成長したりするもんなんですよね。
我が家でも、「来年も見越して」余裕がかなりある靴を去年買ってしまっておいたものの、今年出して履かせてみるともう「痛い」と…
結局1回しか履かせてない…もったいない…
こんな経験、小さな子を持った親ならきっと誰もが経験してることでしょう(+_+)

確かに“もったいない”けれど、私の場合まだこのケースの方がマシ。
1回しか履かせてないような靴や衣類には、思い出も何も詰まっていません。
この場合はパシャっと写真撮ってサクッとメルカリに出品で完了です。
(大切な親族や友人にプレゼントされたものならさておき)
厄介なのは、散々思い出がしみ込んだ物。

皆さんは、1つの服を何シーズンくらい着せますか?
1歳…70~80センチ
2歳…90~95センチ
3歳…100~110センチ
うちの息子のサイズはこんな感じだったんですけど、極端な話80センチの服でも一部トップスで伸びが良いやつなら
3歳半の今でも着れたりするんですよ。(肌着限定。ヘソが出てピチピチだけど)
そうなると、ケチでなおかつモノへの執着心が強い私なんかは3年間着させちゃうんですよね。
でもさすがに1歳に着てた服の大半や、もっと大きいサイズでも伸びが悪いものやボトムスなんかは、もう大量入れ替えのタイミングに入ってます(:_;)
捨てなければ服は増えていくだけだし、収納にも限界が…。

そんな「捨てられない」性質の私が、うまく子供服とサヨナラできるように考えた4STEPを書いてみたいと思います。

・STEP1…すごく仲の良い友人に譲る

「ゴミ」になったり、自分の目に見えない所に行ってしまうから寂しいのであって、親しい友人の子に着てもらえるなら捨てるよりずっと良い!
どうせ、思い出なんて日々新たなものが積み重なるわけで、その1着に本当にずっと思い入れを持っているわけじゃありません。
とにかく自分から手放す「さよならの瞬間」を作りたくないんです。
親しい友人の子なら、側にあるようなもなんですよね。
なので、友人の子がサイズアウトして結局そのあと捨てたり他人様の元に行ったとしても、その段階まで気になってるわけじゃありません。

・STEP2…最初から1シーズンしか着れなさそうな物を買う

大体、子供服を選ぶ時って、ジャストサイズはあまり選びませんよね…?
少なくとも、せめて来年も着れるように…と見越して購入しませんか?
ましてや私のように3シーズン(ぶかぶか期・ジャスト期・ピチピチ期の3年)着せてしまうと、手放すのが本当に大変です…。
3年分の思い出が詰まってしまってるもので。
なので、もったいないけど最初から「今年限定」で購入するのも一つの手だと思います。
最初から「1シーズン分の思い出」しか詰め込めない服を購入するんです。
でも、実際これやる勇気はあんまりありません( ;∀;)

・STEP3…次の妊娠&出産に期待

次の子供を望む場合、ぜひ上の子のお下がりを着させたいもんです。
思い出も引き継げるし、経済的。
ただこればかりは計画通りに行くもんでもないので、あくまで「願い」ベースになってしまいますが。
それに性別もわからないので、何とも言えません。

・STEP4…どうしてもな物は敢えて「宝物」認定→数年後に手放す

色々考えて断捨離しようとしても、どうしても譲れない服があります。
息子がまだお腹の中にいるときに、息子のことを想像しながら買った初めてのベビー服とか、着せてみたらすごく似合って写真を撮りまくった服とか
大切な親族や友人にいただいた服とか…
絶対に”手放したくない”服がどの家庭にもあるんじゃないでしょうか。
我が家にも年間10着ぐらいはそういう服が増えてしまい、これはもう敢えて「宝物」扱いにしてしまっておきます。
コツは、1か所(段ボールとか)にまとめてしまって「これは着ない。思い出のもの」と割り切ってしまうことです。
すると、2~3年経つと案外「これは絶対手放せない!」ってほどでもなくなってるんですよ。
当然ですけど、思い出は日々更新されていくし、「今の息子」が着てる服のほうが思い入れが強くなっていくんです。
我が家でも、生後半年ぐらいまでの服を大事にしまっておきましたが、3年経った最近ふと出してみると、「う~ん譲ってもいいかな~」と思えるようになりました。

・大体収納スペースが必要になるから厄介

「手放せない…!」感情が働いてしまった時点で、家の収納スペースを確保しなければなりません。
子供がいる家庭はただでさえ物が多くなりがちなのに「使わない物」をしまっておくスペースを常に確保しておくのはラクじゃありません。
もう、にっちもさっちもどうしようもない時は…最終手段!実家に置かせてもらう!
いつか使うかどうかは分からないけど、少なくとも、手放したくない思いが下火になるまで寝かせておいてもらう、という感覚です。
そんな感じで、実は私も実家に息子のものを段ボール2箱分ぐらい置かせてもらってます…。

思い出なんて取っておいても何の役にも立たないのになぁ~。
こういう所に依存しがちなのって、結局過去ばかり見て生きてる証拠なんでしょうか…”(-“”-)”